日本計画行政学会関西支部


           
   
計画行政の実例から学ぶ講座
     
   
   

 

 

阪神・ 淡路大震災を踏まえた神戸市地域防災計画策定の経験

 
   


実例講座の第4回目は、10年ほど前の阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、神戸市の地域防災計画を大幅に改訂した際に、担当課長であった伊川氏(現在は兵庫県市長会 事務局長)をお招きし、「
阪神・淡路大震災を踏まえた神戸市地域防災計画策定の経験」と題してお話いただきました。

 

◆ 日 時:2005年11月28日(月) 午後6時30分〜8時30分

◆ 場 所:樺n域計画建築研究所 大阪事務所 会議室

◆ テーマ:阪神・淡路大震災を踏まえた神戸市地域防災計画策定の経験

◆ 講 師:伊川一男 氏(兵庫県市長会 事務局長)

◆ 参加者数:9名

 

 

◆ 講演概要 

1 被害の概要

2 被害の特徴

3 問題点・課題

(1)初動体制の遅れ

(2)被害情報収集,市民への情報提供の遅れ

(3)被災者対応の遅れ

(4)地震火災対策

(5)地域防災力及びボランティアの支援・連携

(6)その他

4 神戸市地域防災計画(地震対策編)改定の基本方針

(1)改定の基本コンセプト

(2)新・神戸市地域防災計画―地震対策編―の構成

5 防災計画に盛り込まれたこと・今後の検討課題となったこと

(1)計画に盛り込まれたこと(主に初動体制について)

(2)今後更なる充実の必要な事項

6 教訓

 

◆ アンケート結果(回答者数 5名)  

  ・職業

 
 大学生・大学院生
 0 名
0% 
 研究者
 4 名
80% 
 自治体関係者
 1 名
20% 
 その他
 0 名
0% 

 

 ・第4回実例講座はいかがでしたか?

 
 とても良かった
 4 名
80% 
 良かった
 1 名
20% 
 普通
 0 名
0% 
 あまり良くなかった
 0 名
0% 
 無回答
 0 名
0% 

 

 
   

 

 

   


企画の趣旨:
実例講座は,若手研究者,若手行政職員,学生・院生などを対象として,本学会員以外にも門戸を開いて,計画行政に携わってこれられた諸先輩方に蓄積された計画行政のストックをトランスファーすることを目的としています。
具体的な活動として,年間3〜4回程度、関西地区を中心として活躍されている講師を招いた講演会を行います.この講演会では,計画行政に関する豊富な実例(プロジェクト,計画制度,現場の経験談等)に基づいて,計画行政の総合的なノウハウを学ぶ機会を提供いたします.
   
実行委員:
委員長
委 員



森脇 宏
小川 雅司
川島 貴之
佐々木 謙一
寿崎 かすみ
高田 剛司

(株)地域計画建築研究所 大阪事務所
羽衣国際大学 産業社会学部
龍谷大学大学院 国際文化学研究科
大阪商業大学 総合経営学部
龍谷大学 国際文学部
(株)地域計画建築研究所 大阪事務所  (順不同)

   
 
   
お問い合わせは下記まで:
info@jappm-kansai.net
日本計画行政学会関西支部事務局((株)地域計画建築研究所 気付)