日本計画行政学会関西支部


           
   
計画行政の実例から学ぶ講座
     
   
   

 

 

大学と商店街の連携によってまちはどう変われるのか?

 
   


実例講座の第6回目は、阪神間有数の商店街である中央・三和・出屋敷商店街(兵庫県尼崎市)において、平成16年度から5大学の協同研究の取り組みに深く関わってこられた三谷真准教授(関西大学商学部)をお招きし、大学が商店街に入っていくことの有効性と限界、大学の立場から見て連携しやすい商店街や行政とは(行政や商店街における大学との付き合い方)など、「大学と行政の連携によってまちはどう変われるのか?」と題してお話いただきました。


 
 
日 時: 2007年10月29日(月) 午後6時半〜8時半
   
場 所: 樺n域計画建築研究所大阪事務所会議室
   
テーマ: 「大学と行政の連携によってまちはどう変われるのか?」
   
講 師: 三谷 真氏(関西大学商学部准教授)
   
参加者数: 31 名
   
◆講演概要
  ・中央・三和・出屋敷商店街の現状と課題
・商店街と各大学(関西大学、関西学院大学、流通科学大学、甲南大学、甲子園大学)との協同研究

   
   


企画の趣旨:
実例講座は,若手研究者,若手行政職員,学生・院生などを対象として,本学会員以外にも門戸を開いて,計画行政に携わってこれられた諸先輩方に蓄積された計画行政のストックをトランスファーすることを目的としています。
具体的な活動として,年間3〜4回程度、関西地区を中心として活躍されている講師を招いた講演会を行います.この講演会では,計画行政に関する豊富な実例(プロジェクト,計画制度,現場の経験談等)に基づいて,計画行政の総合的なノウハウを学ぶ機会を提供いたします。
   
 
   
お問い合わせは下記まで:
info@jappm-kansai.net
日本計画行政学会関西支部事務局((株)地域計画建築研究所 気付)