ロゴマーク日本計画行政学会 関西支部
地域を創る計画と運営の探究 Japan Association for Planning and Public Management

About Planning and Public Management
計画行政とは

本会は1977年に設立され、「計画行政」を Planning Administration と訳し、政府・公共部門の計画・行政だけでなく、企業等の民間部門の計画・経営や国際的な計画・行政・管理などを広く包括した概念として示しました。したがって、計画行政を対象とする学問は、人文科学、社会科学、自然科学のすべての領域に及ぶと同時に、その担い手は、学者・研究者、行政担当者、企業人、消費者など多様であることが求められます。

2014年には一般社団法人化され、その際、計画行政を“Planning and Public Management”として、「計画行政の理論、計画行政の実践に当たっての方法論、及び計画行政の基礎となる社会経済的諸条件などに関する研究を促進するとともに、知識の交換、会員相互及び内外の関連学協会等との連絡提携の場となり、計画行政に関する学術の進歩普及を図り、もって学術、文化、社会の発展に寄与すること」を本会の目的としました。

1981年に設立された関西支部では100名を超える会員が所属し、毎年、「関西支部研究大会」や「計画行政から学ぶ実例講座」、「関西・自治体シンクタンク情報交換会」などを通じて、研究発表や現地視察、会員相互の交流を活発に行っています。

News
お知らせ

第27回実例講座を掲載し研究部会を更新しました。
総会議案書を掲載しました
第26回実例講座を開催しました

Membership
入会案内

日本計画行政学会は、計画の作成・実施・評価の各過程や理論方法の研究及び計画の基盤となる自然的・社会的諸条件に関する研究を行うとともに、これらの分野にたずさわる研究者、行政担当者、実務者等による研究成果の発表と相互交流を行うことを通じて、計画行政に関する学問体系の確立に資することを目的としています。

入会案内